京都 蔵丘洞画廊

蔵丘洞画廊 京都の美術画廊・アートギャラリー

お問い合わせは075-255-2232へお問い合わせは

凍墨名品を中心に 井上有一展

井上有一

どれほど優れた芸術的試みも繰り返すことにより惰性を生み、自己模倣と なることを嫌い、
有一は次々と新しい取り組みを自身に課しました。
なかでも1960年から数年に亘り生み出された凍墨技法は、マチエールを 意識させるもので、
結果として絵画的で立体感ある豊かな造形を感じさせる ものとして、
有一生涯の流転する仕事の中で最も魅力ある美術作品群と申せ ましょう。
今年は希少なこの時期の作品を中心に展観します。

蔵丘洞主人敬白

No matter how excellent the art attempt is, it develops inertia during repetition and turns out to be self-imitation.
But Yuichi disliked imitation so that he'd kept trying new attempt.
Among all those efforts, the frozen ink technique, which was created for several years since 1960,
shall be considered as the most attractive art works of his whole life.
The frozen ink technique emphasized the quality of surface of the words, which made the work solid and various modeling derived from it.
This year’s exhibition will take these rare works as the main items.

2019年アートフェア東京 蔵丘洞ブースでも井上有一作品を出展します

開催概要

凍墨名品を中心に 井上有一展

日時:
2019年 2 月 1 日 ( 金 )~ 2 月 23 日 (土 )
February 1 ( Fri ) - 23 ( Sat )
10:30 AM - 6:30 PM 会期中無休【no closing in this term】
会場:
京都・蔵丘洞画廊(〒604-8091京都市中京区御池通寺町東入ル)
【Zokyudo Gallery】 1fl, higashi iru, Teramachi, Oike dori, Nakagyo-ku, ,Kyoto-shi,

作品紹介