サイト内検索 powered by Google

京都ちょっとご紹介

祇園祭・大文字


日本三大祭のひとつで、京都三大祭のひとつでもある






7月に入ると京都の町は♪コンチキチン♪の祇園囃子がどこからともなく聞こえてきます。
宵々山、宵山で賑わい、山鉾巡行でクライマックス!とお思いの方も多いと思います。
祇園祭は7月1日の「吉符入り」にはじまり、31日の境内摂社「疫神社夏越祓」で幕を閉じるまで、1ヶ月にわたり毎日のように各種の神事・行事がくり広げられられるのです。百年の伝統を有する八坂神社の祭礼です。

古くは、祇園御霊会(ごりょうえ)と呼ばれ、貞観11年(869)に京の都をはじめ日本各地に疫病が流行した時、 「祇園牛頭天王の祟り」として、平安京の広大な庭園であった神泉苑に、当時の国の数-66ヶ国にちなんで66本の鉾を立て、祇園の神を祭り、さらに神輿をも送って、災厄の除去を祈ったことにはじまります。




道幅の狭い鉾町。民家の軒先に触れそうな昔ながらの風景応仁・文明の乱で一時中絶しましたが、30年後に町衆たちの力により華やかに復興し、その時既に、ほぼ現在の山鉾の形態を整えるに至っています。 山鉾の飾り付けも各町内で趣向を凝らし競い合いました。
今では「動く美術館」と云われるほど素晴らしい装飾が施され大切に保存されています。
各山鉾の言い伝えや名称などあらかじめ知っていると、祇園祭をもっと楽しめます。


 


巡行の順番は「くじ取り」にて決まります。ですから毎年違う順番です。
ただ、先頭は『長刀鉾』と決まっています。 この山鉾にだけお稚児さんが乗ります。
今年新調された衣装を身に纏ったかわいいお稚児さんの注連縄切りによって巡行が出発。
巡行日は、昭和41年に17日に決定され現在のコースになりましたが、それまでは違うコースでした。




御所車が動くとカマキリの鎌や羽等が動く蟷螂(とうろう)山大勢の曳子の手で山鉾は進みます




当画廊のあたりは、丁度有料観覧席となっており、毎年大勢の遠方からの団体観光客で大賑わい。
ちまきを買い、鉾の描かれた団扇で仰ぎながら眺め、おまつりを堪能されています。


一番上へ




祇園祭 ちょっと豆知識


祇園囃子(ぎおんばやし)♪コンコンチキチン コンチキチン♪

室町時代末期には成立し、江戸時代には今のようなお囃子に洗練されたと云われています。お囃子は各鉾で30曲近くあり、しかも各鉾独自のものが多い。夜になると鉾町あたり一体は、練習の音が響いています。


吉符入り(きっぷいり)

神事はじめのこと。7月1日の午前中に行われる。この日から1ヶ月に及ぶ祇園祭が幕を開ける。


稚児(ちご)

山鉾巡行の先頭を行く長刀鉾に乗り、注連縄切りをはじめ祭りの大役を担う。10歳前後の男の子が選ばれ、祭りの期間中は昔からあるしきたりに従い多くの儀式・舞など行う。八坂神社の本殿で10万石の大名に匹敵する五位少将の位をもらう。


注連縄切り(しめなわきり)

四条麩屋町に建てられる斎竹(いみたけ)に張られた注連縄を、巡行当日に長刀のお稚児さんが太刀で切り落とし結界を解き放つ。これにより各山鉾は神域を進むことが出来る。巡行の一番の見せ場。


ちまき・護符

いずれも疫病や災難除けのお守り。山鉾によっては、これらを買うと上に上がらせてくれる所もあり。(男性しか上れない山鉾もあります)八坂神社や山や鉾、各鉾町、四条寺町のお旅所などで販売。


 


一番上へ





祇園祭が終わると夏本番。太陽がじりじり照り付ける中、京都御苑ではサルスベリが あちこちに咲き華やかです。




8月は大文字五山の送り火があり、夏の終わりを感じます。




お盆に迎えた精霊を送る信仰行事。8月16日の夜、山々に描かれる巨大な火文字は壮観。
東山・如意ケ嶽の「大文字」が午後8時点火。次いで北山の東から西へ順に灯される。
松ケ崎の「妙」と「法」→西賀茂の「船形」→金閣寺裏の「左大文字」→北嵯峨の「鳥居形」
地元の保存会の方々の大変な努力と奉仕、慰霊の信仰により成り立っています。
若者は送り火を全て見て周るのに一生懸命で、送り火の意味を知らず、ましてやご先祖様の霊に手を合わす人も少なくなってきました。。
昔はちょっと小高い所へ行けば五山が見れましたが、今は確かにポイント探しに一苦労。
なかなか全部を見たくても見れません。
最近では送り火の鑑賞観光バスが出ていて、楽しそうです。
京都の人は、一度は大文字山に学校の遠足で登ったことあるんですよ。
緑鮮やかな大文字山。


一番上へ




暑さを楽しみ涼を取り入れた「川床」は6月から鴨川を彩ります。




川のせせらぎを聞き、時折吹く涼しい風にあたりながら「ハモ」や「あゆ」など美味しく味わいませんか。
最近は懐石料理だけでなく、気軽なイタリアンやフレンチ、タイ料理などいろいろ味わえます。


一番上へ




当画廊より歩いてすぐの京都の夏のお薦めのお土産(荷物にならない!)をご紹介します。


三嶋亭蔵丘洞より徒歩4分15秒

上質の霜降り肉を京野菜と共に炊く京のすきやき屋さん。鉄板の上に砂糖が敷かれたお肉がのせられると、美味しそうな音と香りが明治6年創業の趣あるお部屋中満たされます。
こだわりの「しぐれ煮」はあついご飯にぴったり。夏こそしっかり食べましょう。


ギャラリー遊形蔵丘洞より徒歩4分40秒

和の空間を大切にする老舗旅館俵屋さんのオリジナルグッズを置くお店。
ほんのりピンクがかった甘く品の良い日本の香りの石鹸の泡に包まれて、気持ちも豊かにさっぱり。
匂い袋のように使うのもお薦め。


よーじや三条店蔵丘洞より徒歩5分15秒

よ~く取れると評判のあぶらとり紙屋さん。お化粧を崩さず肌に浮いた脂のみ取り除く。
舞子さんに愛用され続けています。今では男性ファンも多いとか。。。
ここのあぶらとり紙を使うと他のは使えません!!


イノダコーヒー蔵丘洞より徒歩8分

京都で最も有名な正統的な味わいのコーヒー店。コーヒーを中心とした独自の空間と調度品、そしてサービス。数人で愉しむも良し、一人でゆったりと愉しむも良し。。。
オリジナルコーヒー豆、夏にぴったりのリキッドコーヒー、わさびアイスクリームなど配達も受付。


京都便利堂蔵丘洞より徒歩8分

日本美術の名作、名品を扱ったはがきは1,000種を超える品揃え。
個々のミュージアムショップでしか購入できなかったはがきや、ステーショナリーを中心としたミュージアムグッズも入手可能。見ているだけで楽しめます。


宮脇賣扇庵蔵丘洞より徒歩10分

上文政六年(1823年)創業の老舗。京扇子といえばこのお店。
店内の天井には鉄斎、栖鳳、直入を始めとする京都画壇の巨匠達による天井画が描かれてい
ます。これを見るだけでも行く価値あります。50を越える工程は全て手仕事。
上品な夏の涼を感じるお土産に最適。



村上開新堂蔵丘洞より徒7分30秒

京都で一番古い洋菓子専門店。古い建物が凛としている。
ロシアの家庭で作られるビスケット菓子の作り方を教わった「ロシアケーキ」は懐かしい味。
名物の「好事福盧(こうずぶくろ)」は、オリジナルミカンゼリー。皮を容器にしつらえた弾力ある爽やかなゼリー。予約が必要です。。


一保堂茶舗蔵丘洞より徒8分

「お茶を一つに保つように」との命をうけて俳号した屋号。上等の抹茶からお番茶まで豊富な品揃え。
お茶は入れ方で美味しさが非常に左右されるため、入れ方の説明書も充実。
時間があれば店内の『嘉木』で味わうこともできます。
「宇治清水」 は冷たいお水やミルクで溶かすだけでとても美味しい。かき氷にかけてもGOOD。


松栄堂蔵丘洞より徒16分45秒

もうじき創業300年の京のお香屋さん。『源氏物語』54帖のイメージをお香や香立など小物で表現した「源氏かおり抄」シリーズは人気の商品。
お好みの香りやご友人のイメージを選んで『和のアロマテラピー』のお土産いかがですか。。



一番上へ


pagetop