京都 蔵丘洞画廊

蔵丘洞画廊 京都の美術画廊・アートギャラリー

お問い合わせは075-255-2232へお問い合わせは

画廊案内

スタッフ紹介

蔵丘洞は少人数で仕事をしています
( 岡、池内、木津は「自己紹介」です )

  • 岡社長の岡です。
    過去に無い大きな社会変化を実感します。過ぎた日を語ると老人の仲間入りとなりますから・・・・、今は初心に戻り真っ白な気分でギャラリストとして役に立ちたいと思います。
  • ポールオランダ人のポールさんはスタイルがよく、顔が小さくとてもハンサムですが、チョット足が長すぎて初めて出会うと、思わず一歩引くくらい背が高いのです。
    主に海外の仕事を担当しています。
  • 池内池内です。
    常に生きていることに不思議を感じています。また、物体の存在に不思議を感じています。
    そして色という感覚にも不思議を感じています。さらに音という現象にさえも不思議を感じています。
    でも、いちばん不思議なのは絵画・藝術がもつ魅力です。
    そう思って日々暮らしています。特にマニエリスム絵画に興味があります。特技は炊事洗濯です。
  • 木津木津です。
    ブリューゲルやダリが好きです。一時期パソコンの背景はバベルの塔でした。ですが、正直に言うと芸術よりもサブカル系の話のほうが食いつきはいいです。可能な限り家から出ない生活を提唱していますが、周りからは理解が得られません。
    特技は合気道の型(畳を離れて数年経つので、もう特技とは言えない)。
  • 画廊主人の奥さん画廊主人の奥さんです。
    型にはまらない個性を大切にする自由人です。趣味は入浴中の読書と、フラフープ。特技は速読だそうです。

画廊にお出かけの際は、お気軽にお声をお掛けください。
ご購入のご相談はもちろん、お手元の所蔵美術品全般の換金御処分などのご相談もお気軽にどうぞ。

サイト内検索

powered by Google

Online Art Shop

Artsy


FACEBOOK